六ヶ月間、50歳児につきあってみた、とある大馬鹿野郎の話 

六ヶ月間、50歳児につきあってみた、とある大馬鹿野郎の話






この世の中には、具体的な段取り一つ組めず、何の問題も解決できないくせに、引っ掻き回すのだけは一人前の最低人間




というのが、本当に存在するんだなぁ、と思った話。












四月 : 話をもらう(衝撃第一回目)


以下、色々決まってないことに驚きつつも、話の格子とかキャラの性格とか設定などを(主に私が)決める。




ゴールを創作の完成、と見据えて、よーいスタート。






五月:一ヶ月以上かけてある程度まとまったので、DM見ないようにしよう(これは私の創作方針だった)


* このDM見ないようにしよう、と呟いている記事の中に小川氏が私のやる気に墨ドバーしたらしいツイートが残っている。




https://twitter.com/tlend/status/995435315853578240?s=21


しかし小川氏は


「DMで連絡取れない人とは、創作はやっていけません!やはり私一人でするようアナウンスさせて頂きます」


的なものを送ってきた。




>>>>DMを受けた私の第一考:なにこの人こわい!!




だった。




• この時点で、この人怖い、ヤバイ、何言い出すかわかんない!!となる。


• だが、まだやる気はあったし、何より話をもらって、自創作止まってるのに、なんだか勝手な人だなぁと思いつつも、連絡取れない(わけではなかったし、相手が送ることは可能だったが、応答しないとOGW さんキレそう、怖い)のは悪いなと思ったので、DMに応じることに。


• この時、なだめて?謝ったのは、私だったと記憶している。




しかし、Twitterで見せる顔とDMでのキレ具合。


随分違うんだなーという疑念が発生。


何故なら、「自分は何にも動じない、変わらない」的なことを本人が言っていたから。




ちょこーっと、これは地雷案件かも?という思いがあったのでしばらく悩む。




しばらく悩みつつも、


「漫画でやったらどうですか?」


と、この時はまだ軽い気持ちで言っていた。(そしてこれが後々の最終提案になる)








六月:第一週の土曜に別のオフ会があり、そこで第三者に相談することに。




創作を共同でする場合は、よく知った人じゃないと厳しいよと言われる。(今から考えると、これが正解でした。本当にありがとうございます)






それを小川氏にいうと、


「それは自分の地雷なので相談しないで」


と言われる。




* つまり「小川氏が知らない人」に私は相談しないで下さい、ということ。


* 正直、共通のフォロワー様はいたのだが、そこまで深いことを相談できる訳もなく、またTwitterで呟けば、「でしたら、私一人でするようアナウンスさせていただきます」と言ってくるのは目に見えていたので、Twitterでもリアルでも吐き出せない状態になる。


* 一人、Skypeで話した第三者がいたのだが、小川氏の「彼なら相談してもいいよ」という謎の上から目線の発言も印象深い。


* ちなみに小川氏自身は色々な人に話したようで、「家族の要望」や自分の主治医がキャラとして出演を希望しているので、できるなら良い役で現実と同じ医者として登場させられないか、など、好きなことを言ってきていた。


* また、小川氏は漢字多めの文章が好きで、なるべく多く使ってくれという要望も。




ちなみに、呟きに対する反応DMに対するイライラは、このあたりで80%の段階。


加えて、別のアカウントで呟いたことも、tlendのDMで反応してくるので監視されているように感じ、一つはブロック解除、一つは理由をつけてアカウント消去、一つはフォロバなし、とさせてもらう。




これ以上やられると、やる気にひびき非常にまずいので、相手の地雷もわかったし、DMの件を言おうと決心。


* 「言い難いこともなんでも言ってね」と、何度も言われたための、決心。


* また、これ以上DMで時間を潰したくなかったため。


* 本編がまだ「近く」にある楽しい時期を逃したくなかったし、終わらせて約束を果たしたかったのも理由の一つ。


* 何より、集中したかった




>>>やる気げーじ、20%にダウンするできごとが起きる。


* この時追い込んで書いていたアンソロジーが脱稿したあと、別件がぶっこまれたこと、によるキレたDMだった。


* DMが来た時、ボーリングをしていたのでよく覚えている。


* あまりの勘違いしたDMで、おまけにすぐに返信しないと、小川氏が結論をだしてしまい「やはり私一人でするようアナウンスさせて頂く」と、また言ってきたので、ボーリングをしている間を縫って返信。


* 正直、泣いた。


* その場にいた友人に心配された。楽しい気分は全部吹っ飛んでいました。






七月:某日のスカイプにて


私「小川さん、言いにくいんだけど、呟きに対するDMね、やめてほしいんですよ(原文ママ)」


「え、なんで?」


私「うーん、まぁ、色々あって」


「なんで?いいじゃん」


私「じゃ、せめてリプで...」


「なんで。昃さんの呟きに私がどう反応しようが私の勝手でしょ?関係ないじゃん」


私「まぁ、それはそうなんですけどね、、、」


* だったら、その結果がどうなっても、私の勝手なので、ちゃんと責任取って下さいね?50だろう?




* 勝手な人だなぁ、Partいくつになるかわからない。


自分の地雷は相手に制限するのに、自分は「自分の勝手だからやっちゃうよ」ですか。そーですか。


* 「言い難いこともあるだろうが、言って下さいね、聞きますから」


は、本当にただの「聞くだけ」でした。


無策無能な対応に、裏切られた感、すごかったです。虚無を与えてくれてありがとうございます。






>>>やる気ゲージ、20%にダウン&小川氏に対する信用も信頼もほぼゼロ。




>>>つぶやきに反応する小川氏の反応DMに対するイライラ度、99.9999%




もう何回も「私一人でするようアナウンスさせて頂く」と言ってくる小川氏に対して、「そんなに言うならどうぞお一人で行って下さい。元々あなた様のご創作でございます」と感じて見放しかけていた私は


「漫画でやったらどうだろう?」


とか色々言って、別の方法をものすごく提案していた。(これがプランAとなり、最終提案になる)






また、私は小川氏本人のことを理解するつもりも、興味もほとんどなかったんですけれど、小川氏が事ある毎に自分語りをするので、それをウンウンと聞いているのもいい加減鬱陶しくなった私が自分語りをし返してみたら、


「重いから自分(小川氏)が耐えられなくなったら今度から止めるね」


とか言われたり、


「プライド高い人だよね」


とか言われたり、


「被害妄想すごいね。統失っぽいよ。自覚して」


とか、他にも色々言われたりしました。








八月:そんな、創作とは全然関係のないDMやSkypeのやりとでりで、七月の大半がつぶれてしまったので、そろそろ制作に取り掛かりたい。


でもつぶやけば、DMがくる。


そうだ、呟かないようにしようと決意。


低浮上を決定。


しかし、ツイッターは自分の考えをまとめるちょっとしたメモツールとしても使っていたので、イライラがたまる。


また、七月中旬から業務上必要になってきた外務員試験の勉強がはいる。


リアルがあわただしくなり、星屑の優先順位がD寄りCに下がる。




私が呟かなくなり、またDMの返信も半分無視状態が続いていたので、小川氏もこの後半あたりで気付く。




>>やる気あんの?ないなら、ないで言って欲しい。


>>>ありますけど、忙しいです。体調不良の件は申し訳ありません。


* もう、第三者の起爆剤がなければ、書ける気もテンションが上がる気配もなかった。


* ソレは、エスコン7の発売日が決定することである。


* これが上手くいけば、発売日、という〆切があるので道筋が見えてくる。


* リスク分散のためプランBを用意。


* 自分の「書けるテンションと環境」を再度、構築したかった


>>そ。なら良いんだれども。


>>>いっそのこと、漫画をやったらどうだろう?挿絵と言っても、あまり入れすぎるとうるさくなるし、漫画でやるなら、私は下ります。(ほぼほぼ、このまま穏便に終わらせるための最終提案。プランA、そのものである。また、私の堪忍袋の底が抜けるのも、すでに時間の問題だった)


しかし、


>>漫画しかないなら死ぬ気でやるけれど


までは良かったのですが、最後の


>>漫画がやりたいわけじゃないです。(原文ママ)


で、見事蹴られてしまい、プランBが発動。


>>>そろそろエスコン7が発売されるので嬉しみです。ではこれまで通りで。


>>わかりました。






決定的だった八月三十一日


エスコン発売日決定!!!




よっしゃ!!一月十七日までにおわらせるぞ!!


(正直、誤解されてもおかしくない呟きだったのは反省している。だが、小川氏はTwitterに対しても「私は気にしないので、何を呟いても良いですよ」と謎の上から目線で何度も私に言っていた)


(が、実際の小川氏はめちゃくちゃ気にしていた、という訳)






小川氏のDM>>>


不整脈!!


飯も喉通らないんですけど!!!


よくよく、よくよく考えましたが、やはり私一人でするようアナウンスさせて頂きます!!!




と、非常に被害者面したDMがくる。


しかも、こちらの仕事中に...


私が反論も反応もできないのを知っていて、小川氏はすでに結論を出しており、私の回答待ち状態。






もうね、、、




本気で本当にガチキレました。






そもそも、ここまでガチキレしたのには理由があって、


「優先順位最後で良いからね」と何度も言っておきながら、実際は優先順位トップでやって欲しい的なDMだったから。




* 目処が立たないと飯も喉が通らない!そんな状態だから、お前を降ろすようアナウンスする!!




つまり、




* ワテクシ、お前の呟きでパニックなので、降ろされたくなければさっさと書け!ゴラァ!!!(要約)




体調を前面に押し出した脅迫カナ?って思ったよ(*╹▽╹*)






なんなのこの人!!!???


嫌がらせしてんの?


それとも更新させたくないの?!


意味わかんないんですけど!!


いや、もうこれで何度目だろう。


もういいや。


もう知らない。


この人、結局は他人の手ってやつを、最初から借りたくなかったんだろう、きっと。


自分ができない?から「仕方なし」に借りている。


それくらいの感覚なんだろう。


だから何度も「一人でやる」と言ってくるんだ。


だったらもう独りでやってくれ。


コレ以降は何をいっても「言い訳」だと思うようにしよう。


合わない、ものは合わない。無理。


てか本当に、生理的に言動が無理だ。


これ以上は本当に受け付けない。








このときかなり強めに、もう没交渉寸前の相当冷たい感じで


「Skypeでtxt送るので、あとは好きにしてください。以上です。ありがとうございました」(要約)


と言ったあと、


「そんな状態では書かないで欲しい」


など言ってきたので、


「(最初から一貫して見据えていた)小川氏の最終目的である創作の完成、に本人が納得できないならば、これ以上私に出来ることは何も無いです。降ります」


とハッキリ言いました。証拠有。


この時の小川氏の返信




>>>不整脈です。頭真っ白です。何言われてるかわからない。(要約:証拠有)




正直、私のリアルの顔は


ハ(キ゚Д゚)(゚Д゚メ)ァ!?クソッ(#`д´)ヴォケ!!!


でした。


てか、絶句したよ。正直。




* そっちから送ってきた(という名の喧嘩腰、かつ、勝手な思い込みと勘違いをした上での被害者面DM、ほぼほぼ嫌われるであろう役満モノ)DMだろうが!!


* 送ってきておいて、体調を言い訳にして逃げないでくれませんかねぇ。ウザいんですけど??(ʘ言ʘ╬)


* まぁ、こちらも体調悪い日が続いたし、お互い様なんだろうが、あンなDM送ってきた上でソレ言うか?!バカじゃないのかコイツ!?


* あんなDM送っておいて、それを読んだ相手がキレない!!怒らない!と本気で思っていたんだとしたら、どれだけ甘えてるんですかね?


* 子供なの?いや、子供でももう少し聞き分け良いんじゃないのかな。


* 何、この50歳児。手に負えない


* 無能すぎる!!無理!!!


* そもそも、私が「「降りる」とは言わない」とでも思っていたんだろうか???




これまで散々、


「DMで連絡取れない人とはやっていけない」(五月)だの


* お、おう...


「私の知らない人に相談しないで」(六月)だの


* 私とOGWの共通の人って、ほとんど知らんのだが?つまり、Twitterの表、TLでは沈黙してろってことだな?とは確認しなかったが、そうだ、と認識。


「どう反応しようが私の自由だ」(七月)だの


* へーそう。ふーん(´・×・`)


* お前さ、「言い難いことも言って良いですよ。てか、言って」と言ってきたのは一体何だったんだ?? 


嘘か?そーかそーか。


* 正直、「聞くだけ」か!!ってある意味、失望したよね。実際。


* あーそういう無策無能な対応する人なんだーって、一気に冷めたよ。


「やはり、私一人でするようアナウンスさせて頂く」(ことある毎に言ってきた)だの




好き勝手に言っておいて、拒否されない、とでも思っていたんだろうか?


* 回答見るに、拒否されないって思ってたっぽいなー


* 心外って奴?┏( .-. ┏ ) ┓




後、一番小川氏に振り回されていたのが


* 本編の優先順位最後で良いです。


* でも本編やってくれないと不安。


* でも抽象画もやって欲しい


* でも他の昃さんの本編もやってほしい。


* でも三人の絵も描いて欲しい。


* でも本編もやって欲しい


* でも優先順位最後で良いから...以下エンドレスエイト




というこの




「聞く度に答えが増殖しループする周回言動、及びDM」




にとても、とても振り回されてるのに、頭真っ白って、なんだソノ言い訳。


もうちょいマシな答えあるだろう?!!




私の方が頭も心も真っ白になりそうだよ!!クソが!!!




という思いが、まるで走馬灯のように頭の中を巡る巡る。






こっちは順番と見通し立てた直前で墨ぶちまけられて、ようやく上がったテンションにもやる気にもペンキぶちまけられた気分でガチギレしてんだからさぁ、状態。








そもそもこの小川氏。


中身が男って本当にそうか?と思ったのも、この数ヶ月の一連のDMのやり取りがあったから。


この人、いつも自分の思い込みで暴走するだけで、問題の解決に向けて努力も出来ず、対策も思い浮かばないので立てられず、感情的に他人を引っ掻き回すだけの、ただのメンヘラ女じゃん!!!どこが男なの??ん???ウッソだろお前!!!状態。




 ちなみに、小川氏ってもしかしてただのメンヘラじゃね?と思ったのは、「私は昃さんのこと深いところで理解してる」だの気持ち悪いこと言ってきたのも理由の一つ。








てか、珍しくリアルで吠えたよね。


「何なん?コイツ?!


もうそのまま👆(・_・)👎💢よ!!!


もう良いから!!!」って。


久しぶりに本気でキレたよね。私...


普段はここまで思いません。


それまでに対策できる(ハズ)なので…






Skypeを希望してきたが、丸々無視。


声も聞きたくなかったし、何より、証拠が残りづらい音声では、言った言わないになりやすいので、DMで強引に話を進めることに。






実はこの時にも


「呟きに対するDMやめてくれ」


と言ったのだが(二回目)


「どう反応しようが私の自由だ」


と宣った(証拠有り)ので、

                          ※だったら、こっちも我慢の限界が来たら自由にやらせてもらう。と決意。


* お前のその自由の主張、二回目だからな?


* どうなっても知らないからな?


* 自由に対する責任くらい取れよ?今49の来年50だろ??


と、本気で思った。






このままでは分が悪い、と思ったのか、


ADHDを学習している。


などと突然言い出し


さらにアァ━━(´A゚#)━━ン!?状態になる私。


ちなみに、優先順位、にADHDは関係ないと思う。


生活でも会社でも使うし...




なんとか持ち直したが、次耐えられる自信がなかったので、次はもうムリって言おうと決意。






やる気ゲージもこの時点でマイナス値へ突入。


呟きに対する、反応DMに対するイライラ度、マイナス180%


信頼も信用もなし




ツギハナイ












九月:比較的平和。ただし、私が相当我慢しての平和。


呟かなければ小川氏が反応してこない、という意味での我慢平和。


ちなみに、もう言ってしまうが、既に小川氏のアカウントをミュートしてた。




本当は呟きたかったのだが、これ以上反応されたら、せっかくここまで書いたのに、という、勿体ない精神がまだあった。(どこまでバカなんだろうな、私)




しかし、たまにする呟きやRTにもDMで反応してくるので、ギリギリがギリギリギリギリになりTLでもDMでも完全沈黙。


私は貝になった。






ちなみに私から小川氏に対して、表立ってアクションを取ったのは、SkypeやDMで「私のアカウントでだそう」と決めたものと「RTして」と言われたものと、九月の進捗報告リプの一回だけです。


その時の反応はファボだけで、リプではなくDMで返信がきました。










十月:とうとうiPadが「もうさ、やめとけよ」となったのか知らないが、充電がはいらなくなる。(ほぼほぼ義務感で書いてたので、たとえ完成しても果たして「面白い」かどうかは疑問が残る)


修理、初期化、あ・・・消えたなこれ・・・




まぁ、いっか。また書けば。


それにしても君ら、自キャラとは全然違う動きするよねー


さすが、よそ様のキャラさん達だ。おもろー


的な感想の


「しっかし自キャラじゃない分、乖離してんなぁ」


だったのだが、これにまた小川氏が勘違い的外れ長文DMを送信してくる。


* ちなみにこの呟きへの長文DMだが、一度もその意図を捉えるどころか、掠りもしなかった。


* 最初から最後まで全部的外れ。ある意味凄い。


* これが機械や兵器なら不良品扱いで、速攻交換、廃棄レベルだろうな...




「はぁ。別にあなたがDMで言ってきた意味ではありませんし、勘違いしないでください」(もはや説明するのも面倒くさいので突き放した)


「すみません。やはり私一人でやるとアナウンスさせて頂きます。申し訳ありませんでした」


(申し訳ない、とは言ってるが、絶対わかってないな、この人。という確信があった)




「こちらこそありがとうございました」






案の定


「気遣い」


ねぇ...


* 正直、小川氏のどこに「気遣い」があったのかわからない。


* それとも、世間様の気遣いとは、人様が拒否を示したことを平然と行い続けること、を気遣いというのだろうか??


* それは随分と、私が思い描き、また会社で行っている気遣いとは違うようだ。


* 会社でそんなことをしたら資格剥奪される上に職務違反や法律違反になり処分が下るからね、最悪、後ろに手が回るよ、とシャレでも冗談でもなく、本気で書いてあるんだけどなぁ。おっかしいなぁ( ¯꒳¯ )ᐝ


* だとしたら、私が「間違えていた」んですね。それは申し訳ありませんでした。


* もう少し早く小川氏の知らない第三者に相談するべきでしたし、TwitterでDMを晒しあげれば良かったのでございますね?


* それはそれは気が付きませんで、こちらの浅慮にございました。


* 今まで「気遣い」ができず、大変なストレスを与えてしまいましたこと、まことに申し訳ありませんでした。ここにお詫びを申し上げます。








だから、裏目になるからと、勘違い的外れ長文DMは止めてくれって、7月は口頭、8月はDMで二回目も頼んだのに、二回目とも


「どういう反応しようが私の自由だ」


とホザイタのは、どこのどちら様でしたっけーー??


あーそう。ふーん。


へーーーー三└(┐卍^o^)卍






では容赦なくいきますね?


話もらって六ヶ月。




溜まったもの吐き出させてもらう!!




となり、出来るかぎり資料を集め、


「すんませんが、この六ヶ月をまとめて公開しますんで、後はお好きになさってくださいませ。サヨーナラー」


的なDMを一方的に送信してブロった。






で、今に至る。








最後の最後まで、どういう心理状態であれ、目的である創作の完成、から目を外したくなかったんだけど、ソレを否定されたときは、本当に、本気で「堪忍袋の底の底」が抜けた感じがしました。






完成させる、にはどうすればいいか。


私は一貫して、そこから目を離さなかったのですがね。


それを許さず、まるで、自分に構え、とばかりにDMやSkypeで無駄に時間を潰して満足気な小川氏の神経が、最後までわからなかった。






私は物語を書きたい。集中したい。


だが、書くための環境を整えると、


* 私一人でする


* DMに応じろ


* 優先順位は最後でいいよ


* いや、優先順位など理解できないから付けるな


などと言ってくる。




長文DMは辞めてくれ、と言ってもただ聞くだけで配慮もしない。


また返信を長時間放置すれば「私一人でするようアナウンスさせて頂く」と言ってくる。


最後のほうはもうウンザリしてましたね。




おまけに呟きに対して一度もその意図に掠りもしないくせに「自分はあなたを深いところで理解している」など凄く気持ちの悪いことを言い、「したいことをして欲しい」などと平気で言ってくる。




* 今私がしたいのは!


* お前の創作の完成!であって!!!


* お前に構うことじゃねぇぇだよ!!!! クソが!!!!




正直、心底、社会人や大人として以前に、人として、これ以上小川氏に付き合うのは無理だと思いました。




印象としては




思い込みの激しい自分勝手な人、


自分のやり方を強要する、また、こちらのやり方を理解させるのに非常に骨が折れる人


加害者にはなりたくない常に被害者でいたい人


相手にも感情があることを理解できない、化け物のような人


また、問題解決の能力がほとんどないくせに、引っ掻き回すのだけは一人前


ネタではなく、本当にリアル50歳児






そんな奴に六ヶ月もの間、まともに付き合っていた私は本気で大馬鹿野郎だなと思いました(小並感)

..